FC2ブログ
プロフィール

Papiminamo

Author:Papiminamo
成年のみ閲覧していってください。
購入したものをアップしたり、たまに感想を書く程度ですが、暇だったらご覧になってください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



       はにつまHs ~アフターウェディング~          【クロノクロック】応援バナー         PULLTOP Air 『なついろレシピ』 『Re;Lord 第二章 ~ケルンの魔女と黒猫~』応援中! 根雪の幻影 白花荘の人々                 たぬきそふと 『少女ラムネ』 応援中!                  ま~まれぇど新作第10弾『プライマルハーツ2』         
主にエロゲ中心の日々

『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!
新境地 フィギュア クイーンズブレイド リベリオン ブランウェン A+
昨日は魔導巧殻をやったりだらだらとしていたら、いつの間にか今日になってました。

さて!唐突ですが今日はフィギュアを買ってきました!
今までフィギュアは高みの見物だったのですが、ちょっと調べてみたところ魅力的な商品の多いこと多いこと。
だんだんと欲しくなってしまいまして、気付いたら購入していました。
完全なる初心者なのでフィギュアケースもなく、照明やら撮り方やらは素人丸出しですが、それでも気にならない方はどうぞ。


ブランウェン





ブランウェン





ブランウェン





ブランウェン





ブランウェン





ブランウェン





ブランウェン



このアングルも撮りたいよね!




ブランウェン



いやらしさが香ってきます。



ブランウェン



お尻!



ブランウェン



武器等持たせてみました。



ブランウェン




ブランウェン




ブランウェン




ブランウェン




ブランウェン




ブランウェン




ブランウェン


お尻がいい!!!素晴らしい!!!

それと剣を持たせてる時に変な気持ちになってしまったのですが間違ってないはず!

しかしフィギュア撮るのって難しいですね…。(-_-;)
ポーズが決まってるからまだいいものの、それだけにうまく撮れないと良さが引き出せない。
照明は全く気にしてなかったのですが、影が気になってしまいます。

反省点がいつ改善されるかはわかりませんが、素晴らしい写真が撮れるように頑張ろうと思います。
フィギュアにも手を出したとなると出費が結構いたい…。欲しいからいいんだけどね!

魔導巧殻のプレイ雑記が書けるくらいに話が進んだら記事にしようと思います。
エロゲ4月購入分 ツゴウノイイ彼女タチ
ツゴウノイイカノジョタチ


ツゴウノイイ彼女タチです。
前々から買おうかどうしようかと思っていた作品だったので、今回纏めて出てくれたので助かりました。
キャラの設定としてはスタンダードにしたのでしょう、こういう癖のないデザインはいいですよね。
タイトルさえ見なければただの学園物にしか見えません…。
あの有名な作品を意識してるんでしょうが、そこはこういうゲームは雰囲気だけと思った方がよさそうですね。
エロゲ4月購入分 ナイものねだりはもうお姉妹
ようやく休みになりました!
こうやって記事にするのも少し間隔が空いてしまいましたが、これから暫くは時間がとれそうで嬉しい限りです。

さて、昨日は4月の大型エロゲ発売日ということでいつものように秋葉原を練り歩いていました。
いつものように戦利品を持ち帰ると筋肉痛になるんですよね。
それに昨日は暑かった時間帯に出ていたので、かなり体力を消耗してしまいました。


今月から小出しにしてみようということで初っ端は特典の多い「ナイものねだりはもうお姉妹」です。



ないねだ


パッケージ



ないねだ 色紙


こちらは予約特典の色紙


ないねだ ソフCD


ソフマップの特典のCD


ないねだ ソフ特典


ソフ特典の小さい布物
こちらの差分絵は、ドラマCDの内側にありました。


ないねだ ソフ枕


ソフ特典のシーツ


ないねだ トレーダー


トレーダーの枕カバー


ないねだ 公式マット


公式のマット



予約した当時は覚えてませんが、勢いに任せていたらこんな事態になっていました…。(-_-;)
でもエロいから良し!!!
個人的にはマットの絵が一番かな。


写真がいまいちですが、こんな感じで少しずつ写真を記事にしていこうかと思います。
4月エロゲ発売週 今後のエロゲはどうなっていく?
発売日が近づいてくるにつれてテンションは次第に上がってしまいますよね!
週末には勢いで部屋を漁り、積んでるゲームを消化していました。といってもクリアはまだまだなんですけどね。

さて、この間エスカレイヤー等の記事の時に触れたTriangleですが、新作のCGが公開されてました。
そちらも気になるのですが、それよりも目を引いたのは「2013年春グッズ販売開始」です。
レムティアシータは泣く泣く見送ることになりそうですが、イラスト集を出してくれるのは非常にありがたい。
これは迷わず購入ですよ。
そういえばPC新調した際に、OS変わったためか過去作がちょっとプレイできてなかったりするんだよなぁ。

お次はbootupです。
なんでbootupのページを見たのか覚えてないんですが、なんと!26日から抱き枕を売るらしい。
今更というか流石というか、購入するひとがどれだけいるのかはわかりませんが…悩む。(オイ
だって凄い好きなキャラなんですもの。

最近は公式で通販なり独自の情報を色々と発信しているので、チェックするのが大変ですね。
個人的に気になったものは、今後このような形で記事にしていくかもしれません。


今後エロゲ業界ではどういったキャラのゲームが売れるのか簡単に考えてみました。ただの個人の感想です。
所謂萌え絵が主体となったゲームが流行った流れは現在まで続いていると思います。個人的な意見ですが、特徴の一つとしては等身が小さいキャラのことですかね。
それからしばらく時が経ちシナリオ云々(無駄にシリアス)より可愛らしいキャラ絵での抜きゲー、たまには凌辱ゲーが増え始めた気はします。これは現在のかなりのゲームにも言えることだと思います。

また、天邪鬼ゆえにやってないですが、つよきすの影響は今の「属性」に通じているんじゃないかと思ってるんですがどうなんでしょうか。当時やたら話題になってた気がする。
エロゲに限らず古くからキャラの設定を想像しやしくするために、髪の色とキャラの性格がある程度決まってたりしますが、今はキャラの「属性」で設定が考えられているように思います。

メーカー側とユーザーの方向性が多岐に渡らず、いくつかポイントを抑えた物ばかりに向いてしまったために、ユーザーが食傷気味になってしまっていると思います。
メーカーからすれば売らなければいけないし、ユーザーからすればストレスになるものよりは気持ちいいものの方がいいので、こういう流れになるのは必然なのかもしれません。
それこそ新しい試みがポッと出てくるのを待たなければいけないのかもしれません。

それに近年は容量拡大も相まってやたらHシーン数がないと、その時点で購入が見送られることも多い気がします。
Hシーンを増やすならシナリオ云々言っていられるわけもなく、手に取ってもらえるよう、飽きられないためにもエロくしなければなりません。

そんななかで比較的容易にキャラにエロスを醸し出す存在なのが「年上キャラ」だと思います。
萌え絵でいえば年下キャラが映えますが、年上キャラの特徴として

高身長→巨乳=エロい
主人公に余裕を見せる→Hシーンにもっていきやすい
余裕を見せておきながら甘える→ギャップ

といった具合にエロい要素がつまっている…エロい要素しかない!訳でありまして、そんなキャラが作中では人気になってきている気がします。

僕がただ単に年上キャラが好きなだけでそう見えている可能性が大いにあるんですけどね!!!

勢い任せに書いてはいますが、貧乳キャラよりは巨乳キャラの方がいる作品の方が明らかに増えていると思います。(僕が貧乳ゲーをあまり買わないにしても)
全てのエロゲにおいて安直にエロを求めてエロゲがつくられるようになってしまうと、エロゲの価値が変わってしまう気がします。
エロゲ=エロ本のゲーム版(エロ本に非はありません)のようにはなってほしくないな、と思ってしまった所存です。

ここまでの流れから、次ぎに目指すべきものは…ゲーム性のあるものですかね。
つまらないし、意味わからないこと言ってやがると思うでしょうが、ニッチなニーズに合わせていても仕方がなく、かといって一般受けだと差別化が難しい、ヒットするとなると拙い頭ではおバカゲーかゲーム性で伸ばすくらいしか思いつきません。
でもこう書いておきながらやはりエロゲの神髄はシナリオゲーだと思うんですよ。
泣きゲーつくれという訳ではなく、読み進めていけるものなら個人的には問題ありません。
お話読むのが退屈ならエロゲ卒業なんじゃないかと思ってしまう僕の感性が古いだけなのかもしれませんが…。

と、勝手な妄想を垂れ流していますが、これはただの個人の感想なんで流してやってください。


「エロゲはエロゲであるが、ただエロゲに非ず」

今回はこれを持って失礼します。………仕事で疲れてるとはいえこの記事はひどいなぁ。
部屋の整理 ちょこっとしたもの
真夏の夜のファンディスク



真夏の夜の雪物語のファンディスクです。
手をつけれてなかったのですが、値段も値段なだけに短い!
昨今のファンディスクというよりは、他のゲームでいうおまけシナリオに近いです。
そういえばフツウノファンタジーもやらなくちゃいけないよなぁ…。
比較的取り出しやすい位置にあるから今度やっちゃおう。



彼年タペストリー



こちらは裸足少女の「彼氏いない歴…」のタペストリーです。本当は公式通販したかったんだよな~。
タペストリーの下部のミシン目が綺麗じゃないため、写真でもわかりますが少し詰まっちゃってます。
組み立てにくかったものの、絵はエロい!
ゲームの方はそこそこやりましたが、良い抜きゲーだと思います。
来週の買い物の嵐に備えてるのですが、一気に更新はせずにいこうと思っています。
忙しさを理由に更新が進まないですが、頑張っていこう!
ちょっとした更新でした。
超昂天使エスカレイヤーと超昂閃忍ハルカ 感想
今更なんですが、少し前に買ったものを消化してました。

エスカレイヤー
この作品自体はエロゲをやり始めた頃に出たのかな?長い事知っていながらも手を出してなかった作品です。
システムはというと昔なだけあって複雑なものではなく、クリアも簡単にできました。
ただルート分岐が結構面倒だったので、ある程度やって良しとしました。
主人公の性格が今のエロゲの主人公でも中々に見られない程の鬼畜っぷりだと思います。
変身ヒロイン物といえばtriangle作品が好きなので、そういった点では凄い合ってました。

ハルカ
「エスカレイヤーをやってないのにこの作品は買えないでしょ」と、訳の分からない事を思ってこちらも長い事手を出していなかった作品です。
僕個人の感想ですが、こちらはエスカレイヤーに比べるとかなり遊びやすくなってますね。
ルート分岐も分かりやすく、戦闘も楽でした。戦闘に関してはステータスを上げて敵との差を広げても、あまりダメージに影響がなかったのが気になりました。
三人いるため仕方がないとは思いますが、三人ともワンパターンで攻略可能でした。
エスカレイヤーと比べると龍輪功の種類は物足りなかったかな。これも三人いるから分散して当たり前なんですけどね。

今更この二つのゲームの攻略を書いたところで仕方がないでしょ、ということでそこら辺はカットさせてもらいます。
変身ヒロイン物が好きなせいかもしれないんですが、エスカレイヤーは凄いクオリティが高かった作品なんだと思いました。
…ということでふとtriangleを見てみれば新作が出るみたいですね。
まだまだこのジャンルは広がってほしい!

というわけで今回はこの辺で失礼します。次回はM&M氏の作品のほうを書こうと思います。
春アニメの感想でも
ようやく休みをねじ込めました…。(-_-;)
春アニメの撮りだめていたのを一気に消化したので感想でも。

一番は翠星のガルガンティアですね。
世界観が清々しく、無理をして作ってない感じがします。あとキャラがなんかエロい。
「地球から離脱した人類側である主人公と、地球に住み続けている人類」こういう設定だと両者は初めから戦いを繰り広げ、最終的に和解なんてのがベターですが、ガルガンティアはそこは違いますね。
二話目を見た段階だと、今後話がどういう方向に進んでいくのか見当がつきません。
主人公が冒頭戦っていた敵との繋がりが今後どうでてくるのか、作品内の地球の文明の遅れが激しすぎるため想像がつきません。
今のところストレスなく見れる、というよりは見ていて世界観が心地よい作品です。

春アニメではないけどプリキュアも良いですね。
スマイルでは作品全体で「道徳」を前面に出していたように感じたのですが、ドキドキ!ではプリキュアに戻りましたね。それとプリキュアなんだけど変身ヒロイン物っぽくなってる気がします。
見どころはジコチューの多彩さでしょうかね。スマイルではちょっと手抜きのような気がしてたのですが(幹部が頑張ってましたね)、今回のジコチューは喋る!
それと敵役ですが、田中真弓さんの少年役の声が凄い落ち着きます。性格は違うけどワタルとか。
今の四人の中ではダントツでキュアハートが可愛い!
他のプリキュアでは主役はそこまでだったんですが、今回だけは何故か惹かれてます。
キュアロゼッタもとい四葉ありすなんですが、所謂ロリキャラかと思いきや違うんですよね。
作品内では表情の影響もあるんでしょうが、やたらと一人だけ顔がしっかりしてるような気がします。
そのためか変身シーンは四人の中ではやけに印象に残る…。
ロゼッタはEDの冒頭の手を水平に伸ばして前後させるところが凄い可愛い。
変身シーンと言えば前口上が微妙。だけどそんなことよりも変身する時などのコミューンの真ん中が二回点滅する「ポヒュ」という感じの音が凄い好きです。あれは何なんだ…。
プリキュアは毎度お話は同じ展開なんですが、なんだかんだ飽きないのは凄いと思う。

春アニメについて書こうとしたらプリキュアの話になってしまいましたね。orz

ゲームはちょくちょく色んなものをやってますが、記事に書くような煮詰まったものではないので特にないです。
今週はまだ忙しくはなりませんが…来週は購入物が多いぞ!
ではこの辺で失礼します。
4月購入予定追加
仕事の年度初めの忙しさから、気付いたら色々と予約してしまっていました。
整理しなきゃならないとは思いますが、やはり月毎に整理して纏めた方がわかりやすい…というより把握できていなかったりします。(-_-;)

4月の分くらいはということで
フォトカノ Kiss
少し前まで買うつもりはなかったんですが、境界線上のホライゾンが延期となっているのを思い出したのでついでに買うことにしました。
ホライゾンの方は今しがた公式を見たところ4月25日にでるみたいですね。危うく見逃すところだった。
ホライゾンはDL版が無事出るみたいですね。vita持ちとしては流石に新たなPSPを買うのは難しかったから助かりました。これの影響で発売日が延期してたのかな。

右手がとまらない僕と、新人ナースVC版
こちらは抱き枕セットを買うものか買うまいか悩んでいたのですが、抱き枕の方が締め切りとなっていたのでソフトの方を買うことにしました。

追加としてはこれ以上財布が厳しいことになっているので抑えることにします。
夏の終わりのニルヴァーナ 感想…とエロゲについて
記事を書こうかと思っていたら思った以上に時間がかかってしまいました。orz


土曜日は天気が悪い!ということでこもって何かやろうかなと思っていたら、まだ手をつけてなかった夏の終わりのニルヴァーナが出てきたのでやることにしました。

PajamasSoftといえば2000年代からの登場ということもあって知ってはいたんですが、手が出るような状態ではなかったので今回が初めてですね。
当たり前と言えば当たり前なんですが、絵のタッチがプリズムアークの頃の印象で止まっていたので(かなり変わったな~。)なんてことを思っていたらついつい買ってしまった作品です。
それから公式を見ていたら公式の通販の方が特典があったので思わずそっちでも買ってました。



ソフト、シーツ、ドラマCD、シール



こちらはソフト、祖父の布物、ソフと公式の予約CD等、シール



ソフ特典の下敷き



ソフの予約特典下敷き



オフィシャル通販のタペストリー



公式特典のタペストリー



オフィシャル通販の色紙



公式特典の色紙


となってます。ちょっと明るさが足りないな、部屋の電球を取り換えることも必要だけどカメラの設定が細かくいじれれば問題ないんですよね…。(-_-;)


ようやく感想です。



ここからはちょくちょくネタバレ含んでます。













最近抜きゲー、及び特に中身のない…と書いたら失礼極まりない表現なので訂正してラブラブなゲームばかりやっていたこともあり、夏の終わりのニルヴァーナのようなお話系は久々だったので一気にプレイしてしまいました。

時代は現代ですが、主人公は人間ではなく閻魔さまの息子のカルマということで舞台は彼岸となっています。放蕩を続けているカルマは試練として、現世で命を落としたヒロイン達を裁くことになるのですが果たして無事にカルマは試練を乗り越えられるのか…、という作品です。


彼岸にヒロイン達が生活していた街の居住空間が作られて、その中で生活していくことになるので、登場人物が主要キャラとサブキャラのみになってます。
何を当たり前な事を書いてるんだと思うかもしれませんが、なにも調べてなかった愚か者な僕は現代で学園物と思ってやっていました。しかし場所は彼岸、なので人と言うとカルマや千手などの天人という存在しかいません。
学園で日常生活を送るけれど、クラスメートもいない、街の住民もいないので生活感がありません。
この時点で合わない人がいるかもしれませんね。

また、ヒロイン達はカルマに裁かれるべく何らかの罪を背負った咎人のため、生前の罪にとらわれた一定の特徴があるので気に入らないキャラクターがいると進めるのが難しいかもしれません。
エロゲならば癖しかないキャラが出てきてもいいと思うんですが、昨今はキャラの個性よりも所謂属性ありきでつくられてる気がします。属性だと便利なんですが、特徴を持たせると一般受けしない地雷キャラになりがちのため、ユーザー側にストレスのかからないキャラが多いんじゃないかな。
ニルヴァーナは常識はずれなヒロインは(あくまで主観です。)いないんですが、この点でも気になる人はいるかもしれません。
これに関しては咎人だからであり、現世でのヒロインの性格はいたって普通となってます。

主人公のカルマの性格が精神的には成年より子供っぽく、それでもやることはきっちりできるといったものです。
また、ヒロインの罪を裁かなけらばならないわけですが、そもそもがカルマの試練なのでカルマの成長をみていくといったものになってます。


今それなりに売れるエロゲを作るなら、時は現代、学園物にしてヒロインに属性付け(どのキャラも性格は皆明るい)、主人公は特技を持っている、主人公は基本的にサポート、あとはコンプレックスを持たせたり、一緒に何かを達成する、エロシーンでシチュエーション(変態的な)に拘ってシーン数を増やす。
これをやれば話題になるかは別として売れることは売れると思うんですよね。とにかくユーザーにはストレスがかからない作りです。ニルヴァーナもこんな感じなのかと思ってやると違和感を感じると思います。

個人的にはエロゲと言えばニルヴァーナみたいなゲームだと思ってるので、やっていて懐かしかったです。
兎にも角にもこのゲームの舞台は「彼岸」であり、ヒロインは死んでいること、主人公のカルマは人の存在ではないこと、この雰囲気を理解して楽しめると良いと思います。


各ヒロインをクリアすると待ちに待った久遠ルートに突入できるのですが、ストーリーはまさかの輪廻転生に繋がる話に突入します。
こういうのですぐに思い当たるのはSNOWくらいしかない僕の記憶ですが、違うのは主人公のカルマが天人であるがゆえに死んではおらずにその輪廻転生していないこと。
これはラストに繋がる訳ですが、カルマを天人として、閻魔の息子である意味がでてましたね。
久遠ルートが作品の肝であり、そのために設定が活かされてくるの仕方がないんですが、個人的には久遠とは彼岸でいちゃいちゃするだけでも満足できるんじゃないかと思います。
でもそうすると各ルート含めてストーリーが短すぎると言われてしまうかもしれませんね…。
ストーリーはある程度先読みしやすいので、エロゲを楽しめないといけないと思います。

絵は癖があると思いますが、キャラクターは皆好きです。声優キャスティングもばっちりだと思います。
Hシーン数は少ないので、そこは期待はしないでないものと思ってください。

BGMは有名なクラシックが多く、エロゲのBGMに注意しない人でも聞いたことがある曲が多く印象に残るのではないでしょうか。これは作品にとってプラスになってると思います。聞いたことがあるというのもありますが、やはり迫力が凄いですね。シーンの方が曲に負けないように頑張ってるんじゃないかという気がする場面もありました。


そんなこんなで総評になります。

世界観に浸ること!
これに限ります。なんでこの世界(彼岸)はこうじゃないんだと思う事があるかもしれませんが、理不尽なことはなかったと思うので世界観を楽しみましょう。あとカルマとなって楽しみましょう。

「好きなキャラ」じゃなく「キャラを好き」になる!
これは結構大事なこと。多くは語るまい…感じるんだ!

といった具合です。僕は夏の終わりのニルヴァーナをプレイし終わって楽しめました。
今のエロゲからすると良くも悪くも人を選んでしまう作品だと思います。
エロゲってのも変化していってはいるから何とも言えませんが、エロゲは楽しんでなんぼだと思います。
どうでもいいことですが夏の終わりのニルヴァーナ、なんで夏の終わりに発売しなかったんだ…。orz

月末の発売日まではこんな感じで記事更新できたらいいな。
それではこんなところで失礼します。
GEARS of DRAGOON ~迷宮のウロボロス~ ロウルートクリア!
ようやく…GEARS of DRAGOONが終わりました~。
一先ず作品全体の感想としては「定番のRPG」でしょうか。
初めのうちは主人公たちの会話の一つ一つで背中がかゆくなる様なものですが、一貫して変わらなかったので慣れると気持ち良くなってきました。

インストール後に(ninetailってなんか見覚えあるんだよなぁ)と思っていたんですが、フォルダに機械仕掛けのイヴがあったので思い出しました。それ以降は買っていなかったんで何年またぎになるんだろうか…。
今作中には今までのninetail作品に出てきたのであろう武器やらアイテムやらが出てきているので、こういうのは買い続けているユーザーにとっては嬉しいだろうなぁ。しかし今作にかかった時間、しかもまだロウルートのみだと考えるとなかなか過去作には手が出せなさそう。イージーモードがあるならやってみても良いかな。

前回の記事では最終章に入ったものの、シズナとジャスミンとアルマの相性値と好感度が足りない事態でした。
ジャスミンは何とかなったものの、シズナとアルマ二人とも相性値を5にする必要があったんですが、相性EXPが1800までやらないとだめなのね…。
最終章入った段階でシズナもアルマも700程、フリークエストを一通り回した後1300くらいだったのかな?そのあとはひたすらフリークエストのボスのドロップアイテム集めをしてました。

無事相性上げが済んだ後のラスト3クエストは普段とは違う意味で中々厳しかったですね。
まず2つの竜
今まで特に対処を考えていなかったグニタヘイズをどうにかしなくちゃいけないのには苦労しました。まさかMP0になるまで粘れって言ってるのかと思って気持ちが沈んでいたんですが、挑発が有効ということを知る。
人間状態ならそれほど強い攻撃をしてこないので乗り切れました。

次に大竜決戦
HP半分とはいえ、他に雑魚キャラが付いてくる。
挑発が決まってもなだれ込むような攻撃を食らいだしてあまり効率も良くない。
ここで、水竜の時に相手の防御スキルよりも早く動ける事を思い出す。調べた結果、やはりグニタヘイズより先手をとることが可能らしい。
あとしばらく気付かなかったけど、こちらのグニタヘイズは1ターンその場限りということ。つまり先手をとってしまえば2回行動のうち一回は無駄をしてくれる。
とはいっても何故か速攻(大)でも抜けない。スキルを眺めていると、アルマのサンアークに速攻(特強)を発見!
その時拾っていたバニーピンク+を装備させて、余っていたスキルをAgiに振ったところ…抜けた!!!
このゲーム、途中から装備品も良いけどステータスが結構効いてくることが分かっていたのですが、ちょっと被ダメージが大きい気がしたのでついでにレベル上げをすることにしました。
まさかレベル上げなんていう行為をするとは思わなかったのですが、フリークエストを回したりしていたので思い切れましたね。相性値よりはこのクエストでのレベル上げがかなりし易かったのは幸いでした。
一階部分のダンジョンにシンボルモンスターが沢山いるので、倒してはリターンポータルで戻ってクエスト破棄の繰り返し。初めてリターンポータル使ったよ。
レベルが上がって再戦する前には、業火の魔竜で(もっと近いポイントがあるかもしれませんが)ピラーを破壊してリターンポータルを使って汚染度を下げておきました。
そしていざ再戦!
サンアークの「連動」というのが何のことかわかってなかったんですが、二回行動をとるのだと発覚。レベルが上がってた事もあり、1ターン目でカウノダキまで倒せたのでごり押しで見事勝利!
ウロボロスもサンアークから削って次ターンで適当にやって勝利!

ラストの竜を討つ風
ダンジョンはいつもどおりだけど宝箱の中身が凄い!使えるのは少なかったですが、今まで見たことがないものが結構出てきました。
ラストのカウノダキ戦、この間みたいにサンアークで先制がとれるものの、相手の回復+溜めが物凄いきつい。
これは何とかしなくてはと思い、ワルキューレヒルドを狙ってみる。すると無事に先制可能でした。
ということでワルキューレヒルドから色々やってみる…が、1ターン目では前衛は倒せてもあまりカウノダキにはダメージが与えられない。
一息ついたところで、心がなくなってから外していたステラと、ラディのレベルが低すぎることに気付く。(フィリアが85でラディが79、ステラは76でした。)
さすがにクリアしたかったので思わずエルミナの戦術書を使用。ラディにサクシードウインドを覚えさせつつ、今までたまっていた魔石による大幅なダメージアップを図る。
そして再戦!
1ターン目にワルキューレヒルド、2ターン目にサンアーク、3ターン目に一応保険のサクシードウインドで無事に勝利!!!
流石にここまでじっくりと時間をかけてやったので、勝利した時は嬉しかったですね!


ギルドなんですが戦士5盗賊0神官3魔術7でした。途中から、最終的には魔石がものをいいそうな気がしたので、神官は捨てました。もしかしたら神官を上げておけば被ダメージはかなり抑えられたのかもしれませんね。
ギルドポイントも、ギルドスコアが一定以上でもらえることに気付くのに時間はかかりましたが、フリークエストを回していた時にかなり手に入りました。

総プレイ時間は70時間弱ですが、中盤にさしかかる辺り以外にもに何度も宝箱の前でQ.ロードしていたのを考えると、100時間はやっていたかもしれませんね。
無事にロウルートで攻略可能な人数を全員選択できるようにしておいたのですが、まずはフィリアルートを選びました。
購入時の攻略小冊子のおかげだね!ダンジョンの地図はわくわく感がなくなってしまうので殆ど見なかったですね。


と、長文になってしまいましたが、無事にGEARS of DRAGOONのロウルートをクリアできました!
カオスルートはぼちぼちやっていこうと思ってますが、今更ながらにパステルチャイム3をやろうかな、とも思ってます。(-_-;)
折角なんで、今回のデータは纏められたら纏めようかと思います。

特に買うものがなくてあまり記事にすることがないんですが、今月末までに何本か崩さなければ!それではこの辺で失礼します。
エロゲ4月購入予定
今月は買うものが多いなぁ。他の出費が少なさそうなんで、全体でみれば安心。


まずはさくらさくらFD
ようやくでやがって!って感じです。長かったぞおおぉぉぉぉ!

LOVELY×CATION2
とくに買わない理由もないので買い。

ナイものねだりはもうお姉妹
前作を買っているのでこれからは購入していく次第です。
深く考えても仕方ねぇ!

牝教師3
こちらも前作買ったからとは言え、とうとうBISHOPにまで手が回るようになったかという気持ちで胸がいっぱいです。

ツゴウノイイ彼女タチ
中々の購入衝動を抑えていた作品だったのですが、なんとまとめて出るじゃありませんか!それなら買うしかないよね。

百花繚乱エリクシル
正直僕向けのカラーじゃないのは分かってはいるんですが、今作は凄い惹かれました。いままでAXLは手に取ったことがないだけに凄い高揚してます。(笑)
面白そうとかじゃないんだ…ただ気になった瞬間から購入ってのは確定してるんだ。

魔導巧殻 ~闇の月女神は導国で詠う~
実はエウシェリーも未開の地です。僕の知っていた時代のエウシェリーの絵のタッチよりかはかなり丸くなってる気がするんだけどどうなんでしょう。
特に今回の作品だから買おうってことはなくて、アリスの時と同じで昔からあるブランドさんなので天邪鬼としてはなんだかんだ見送ってました。
食わず嫌いというより、めの前にあるものをただ眺めてるだけの状況ってよくないよね!という感じです。



と、今月購入予定のエロゲはこんなもんですかね…多いな。予約しに行かねば!
今まで手を出していなかったAXLとエウシェリーとあるので楽しみが大きいです。
では今回はこんなところで失礼。
思わずラブライブ及び感想
え~、帰宅後に録画しておいたラブライブから八犬伝を見ていたところ思わず感想を書きたくなったので、例の如くお時間がある人は追記をどうぞ。
続きを読む