FC2ブログ
プロフィール

Papiminamo

Author:Papiminamo
成年のみ閲覧していってください。
購入したものをアップしたり、たまに感想を書く程度ですが、暇だったらご覧になってください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



       はにつまHs ~アフターウェディング~          【クロノクロック】応援バナー         PULLTOP Air 『なついろレシピ』 『Re;Lord 第二章 ~ケルンの魔女と黒猫~』応援中! 根雪の幻影 白花荘の人々                 たぬきそふと 『少女ラムネ』 応援中!                  ま~まれぇど新作第10弾『プライマルハーツ2』         
主にエロゲ中心の日々

『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!
「ソフィーのアトリエ」 感想
昨日は仕事での飲みがあり、それなりにお酒を飲んでいました。
ビールなら結構飲んでも大丈夫なのですが、ワインだとか日本酒が混ざると結構きついです。
付き合いという面ではお酒は飲めるに越したことはないですからね~。
普段から飲まないのですがもう少し飲むようにした方がいいんですかね。


さて、ソフィーのアトリエを無事クリアしました。
特にネタバレで困るようなこともないのですが、一応追記の方に書いておきますね。
個人的な意見として、アトリエシリーズをやったことが無い、シリーズが多すぎて手を出しにくいと思っている人には是非プレイしてみて欲しい作品です。









↓  ↓  ↓  ↓  ↓
続きを読む
「Maggot baits」 感想
早速ですが昨日マゴットベイツをクリアしたので感想です。
勿論追記の方に書いておくのですが、その前に一言。
グロいのが苦手な人はプレイしない方がいいです。苦手な人はテキストをクリックした瞬間に流し読みして次のテキストにクリック出来ないと厳しいかもしれません。
どうしてもプレイしたい場合はカット機能を使える事を忘れずに!









↓  ↓  ↓  ↓  ↓
続きを読む
「ガールズ&パンツァー 劇場版」見てきました
ということで「ガールズ&パンツァー 劇場版」見てきましたよ!




「ガールズ&パンツァー 劇場版」




入場特典の色紙です。


とは行ってもまだ観に行っていない人もいるだろうし、DVDやBR待ちの人もいるだろうと思うので感想は書きません。
そうなると特に書く事もないんだよなぁ。(笑)
4週目には立川の爆音の方に行こうかと思っています。
「剣聖機 アルファライド」 感想
昨日は野球をじっくり見てしまい、試合が終わってからちょくちょく作業をしていたら遅くなってしまい、今日忙しいことが分かっていたので睡眠を優先しました。
無事に「剣聖機 アルファライド」をソフィーのアトリエ発売までに終わらせることができました~。
さほふぉネタバレしても大丈夫な感想を書こうと思うのですが、一応追記に書いておきますね。
バトルパートについては別で書くかもしれません。




剣聖機 アルファライド 2015年10月23日発売予定




↓    ↓    ↓
続きを読む
「恥辱の制服」 感想
軽く部屋を整理していたら、存在を忘れていたゲームが出てきて遊んでしまいました。
これだから部屋の片づけが全く進まないんだよなー。
ゲームと言えばスマホのソーシャルゲームを始めては見たものの、がっつりはまるようなこともなく宙ぶらりんな状態です。
やろうと思えばやる気にはなれるけれど時間がかかるのが難点ですね~。
それに長期間よりも短期間に遊ぶような印象を持ちました。
家にいる時には買っているエロゲを崩す時間に当てたいからなぁ。
適度に楽しむのが良さそうですね。


さて、今回は大分前に一通りプレイした「恥辱の制服」の感想です。
特にネタバレとかもないのでそのまま書いていきます。

「制服」の文字通りヒロインそれぞれの職種でのコスチュームプレイを楽しめるつくりになっています。
キャラ紹介にあるような特徴を持っていますが、今回は主人公が結構変わっていましたね。
普段よりも卑屈な性格をしていて、思わずやってしまう行動が思いっきりアウトなものばかりです。(笑)
いつものBISHOPに出てくる芯の強い主人公では無かったです。
その分といってはなんですが、そもそも野望などもないのでヒロインと1から関係を作っていくような展開は良かったかな~。
欲望のままにタイミングよく進んでいくので痛快ですね。
ここら辺はシステムとも噛み合っていました。
同じイベント内でも回数を重ねると変化したり、S・T・Fでの表現を変えてくれたのは飽きずに進められるのでいいですね。
立ち絵の変化は毎回どうしたものかと思っているので特に使っていません。
それと複数プレイが今までと値はう雰囲気が味わえました。
先述したとおりヒロイン同士の職種が違うので、当然互いに面識が合いにもかかわらず絡ませてくれました。
内容的にはもう少し変えるなり、カメラ位置を変えて欲しかった場面も多々ありますが、つけてくれただけでさほど文句は言えません。
ゲーム内の日付でも内容がかなり沢山詰まっているので、流れるようにプレイできました。
気にいったヒロイン、若しくは制服があるのならば楽しめると思います。
僕としては、BISHOPが出したいものをうまく作品に表してくれたように感じました。

各ヒロインについて長く書いても仕方ないのでこんなところでしょうか。書き足したくなったら追記します。
抽象的な所もありますが「恥辱の制服」の感想を締めたいと思います。